液体パパ

悲しんでいる人には更なる悲しみを、怒っている人には更なる怒りを与えるイラストを得意とするパパが子育てネタを中心にわりと変な記事を公開します。



イオンデモクラシー

イオンモールのフードコートは食べ物の選択肢がお化け。
最新のスマブラのキャラ選択くらいある。
カービィ食ってる横でガノンドロフとか食ってる。

子連れにとってこんな欲望の権化みたいな空間はないわけ。
主に親にとって。

いつもは子供を適当に騙して、「ラーメン屋はほら!お子様セットに玩具とお菓子ついてるよ!」とか言いながら自分が食べたいものに誘導しているんだけど、勝率は決して高くない。
どんだけプレゼンかましても二言目には回転寿司とか言うから。

フードコートはその必要がない。
封建制度から解き放たれし空間、イオンデモクラシー。

まず水を用意してさ、子供ら3人を席で待機させて、僕はお店のブースに食べ物を取りに行くわけですよ。

で、お盆にケンタッキーフライドチキン乗っけて意気揚々と戻ったらさ、遠目に知らないオジサンがうちが陣取った席を拭いているわけ。

珍しっ!
知らないオジサンが席を拭いているのって珍しっ!

なにゆえ!?つって急いで戻りますよね。ケンタッキーバウンドさせながら。

したら長男から三男が水を溢したって教えられて。
隣の家族のお父さんが拭いてくれてたって話で。

うちの子らは人見知りの能力者達だから、まぁ自分らが水を溢したとはいえ知らないオジサンがテーブル拭いていると硬直しちゃうわけですよね。
半泣きで。

激烈にお礼と感謝を繰り返したんだけど、あっちもあっちで子供3人連れで。
いやー申し訳ないやら有り難いやらで。

いやまぁ隣の席だからさ、その後もこっちがバウンドケンタッキー食ってる所とか丸見えなわけだけども。

あっちは上の子二人女の子で、一番下が男の子だったんだけど、そりゃあまぁこっちチラ見してきますよ。
特に男の子が。
リンガーハットのちゃんぽん食いながら。

やんわり接点が出来てしまったのだから無理もない。
申し訳ない。

こっちもこっちで人見知りの能力をいかんなく発動しているから、微妙にチラ見しますよ。
ケンタッキー食いながら。
数回地から離れた、宙を味わったケンタッキーを食いながら。

ちゃんぽんチラ見とケンタッキーチラ見。
いやーこれぞ解き放たれし空間、フードコート。