液体パパ

悲しんでいる人には更なる悲しみを、怒っている人には更なる怒りを与えるイラストを得意とするパパが子育てネタを中心にわりと変な記事を公開します。



百歩譲ってタイ語だろって思った話

ある日、5才の次男が3才の三男に英語を教えてて。
いや次男に教えた覚えはないから、彼ったら独学で英語を編み出している事になる。

英語って編み出せるのかなーって思いながらも、今どきの玩具には保護者の方をチラ見しながら作られているものが多々あるから。

例えばタッチペンで動物とか家具とかの絵をタッチすると、日本語と英語でアンパンマンが喋ってくれる玩具とかもあるんですよ。

うちにも義実家に買ってもらったこれがあるもんで、たまにそれで遊んでいるから勝手に学習して覚えたのかなと。
だとしたら学習系玩具って侮れない。
飲み物がない時のカロリーメイトくらい侮れない。

たださ、そのレクチャーの様子をそっと盗み聞きしてみたらちょっと驚いちゃって。


次男「お家って英語で何ていうかわかる?」

三男「なーに?」

次男「お家は英語でべべチャイって言うんだよ」

三男「べべチャ?」



家を英語でべべチャイ




べべチャイ!


べべチャイはエグい。
次男の編み出した英語エグい。
百歩譲ってタイ語。

アンパンマンもっとちゃんと教えといてください。