液体パパ

悲しんでいる人には更なる悲しみを、怒っている人には更なる怒りを与えるイラストを得意とするパパが子育てネタを中心にわりと変な記事を公開します。


お問い合わせ



軍団に憧れているので手下を募集

憧れるわー。
軍団。
軍団を作りたいわー。

敵と戦おうとしたら、「魔王様、ここは私が」みたいな感じに手下が先に戦うみたいな。

こっち魔王?
まいいか。

しかし困った。
僕には手下がいない。
多分普通の人には手下くらいいると思うんですけど、僕には一人もいなくて。
大学出てないせいかな。

となるとさ、子供を手下にするしか無いんですよね。
僕の言うことどうにか聞いてくれるつったらもう子供らしかいないから。

たださ、欲を言えば四天王みたいな感じにしたくて。
となると一人少ないんですよ、うち3人だから。
無理かー。
四天王にしたいから4人目をとか無理かー。

手下の四天王が欲しいから妻に4人目をお願いするつったら多分かつてないレベルで炎上するな。
頭頂部からつま先まで炎上するな。
バーニングマンのフィナーレに呼ばれる勢い。

あと一人、どうにか息子以外で調達したい。

しかし四天王を作るとは言っても敵の襲来等の有事ってそうそう起こり得ないよね。
だから四天王には普段は内部の仕事をしてもらわないとならないわけだ。

そう考えると強さより仕事が出来るかどうかで選んじゃうな。

鋼鉄の鱗に吐く息は灼熱の炎、翼で空を飛び回るとか言われても、普段はそういうの使わないから。
「で、結局皿洗いとかはできんの?」
って話だから。

そんなワイバーンみてーな奴いらねー。
ワイバーンお断り。
何か人に感染すると厄介な病気も持ってそうだし。

もっと知性に溢れた感じの。
二言目には「コンプライアンスが!」とかいう奴がいいな。

「コンプライアンスが!」

「ふふふ。お前は知性に優れた将だがまだ青さがあるな」

「し、しかし魔王様!」

「良いか?ルールや法律は時の趨勢、個別の状況までは細かくカバー出来ぬ。だからこそ我々は時としてそれを破る必要がある。正しき選択を広い視野で見極めねばならぬのだ。それを放棄し只々ルールに従い満足している輩は木偶と変わらん」

「ははっ!さすがです魔王様!」

「うむ。では皿洗いに戻るが良い」

「はっ!仰せのままに!」

こんな感じに。