液体パパ

悲しんでいる人には更なる悲しみを、怒っている人には更なる怒りを与えるイラストを得意とするパパが子育てネタを中心にわりと変な記事を公開します。


お問い合わせ



zetu'sキッチン 本日のお料理はナポリ風ピザ

はい、それではですね、本日もお料理の方を作って参りたいと思います。

f:id:zettan:20180902212737j:plain

まず初めにチーズを刻みます。
チーズって言ってもこれは裂けるチーズなんですね。
チーズ嫌いの長男でもこれは臭いが無いからって事で食べられるんです。
割高なのでしっかりとケチりましょう。

f:id:zettan:20180902212929j:plain

次にピーマンも刻みます。
細かくすれば否応なしに口に入ります。
子供達の顔を思い浮かべながらざまー見ろと小声で呟きましょう。

f:id:zettan:20180902213032j:plain

続いてサラミも同様に刻みます。
そのまま乗せた方が見た目はそれっぽくなるんですけど、黙れってな話です。
最後切り分ける時にあっちに何枚とかこっちに何枚とか面倒くさいんで。
切れ味悪いうちの包丁だと焼けたサラミは切れずにピザ内部に埋まるし。
コロコロピザカッターなんか無いし。

f:id:zettan:20180902213236j:plain

他属性への共感性を失っている自覚もないまま浅い繋がりの仲間を求めるだけの愚かなツイートを見て覚えたモヤモヤはここで発散させておきましょう。
この際、包丁は逆手でグーで握ります。
いわゆるチャッキー持ちですね。

f:id:zettan:20180902214434j:plain

ここでポトフもどきも作っておきます。
人参は乱切りでラップしてチン。
キャベツと水とコンソメぶち込んで沸騰させ、加熱した人参も後から追加です。

ここで胡椒を少量入れますが、ほんと入れすぎないように注意しましょう。
ほんとに。

後で子供らから非難轟々だったのだけど今はまだ知る由もありません。

f:id:zettan:20180902214452j:plain

ここで鍋からお玉がずれて床に落下する事もありますが、すぐに拾って戻すので洗わなくてもセーフです。
この写真撮影してたせいで20秒くらいこのままでしたけど危なげなくセーフです。
ノーホイッスル。

f:id:zettan:20180902215145j:plain

次に業務スーパーで購入した業務用ナポリ風ピザクラストを冷凍庫から出します。
本当にナポリの人ってこんなの食ってんのかよって疑いながら開けます。

f:id:zettan:20180902215414j:plain

こんな感じに準備します。
ピザソースも業務スーパーです。
奥のは冷凍唐揚げをチンしてカットしたものです。
あれだけは細かくするのがダルくてやってません。
スライスしてあるだけ。
方向性がブレていると言えばブレています。

f:id:zettan:20180902215610j:plain

テーブルに置いたら子供が飛びついてくるのを待ちます。
今回は4歳の次男が飛びつきました。

f:id:zettan:20180902215719j:plain

一点集中型のトッピングに素材が泣いています。

f:id:zettan:20180902215808j:plain

浅はかな幼児による無慈悲なトッピングなので高さが出ます。
高さが出ますがまぁきっと焼けばなんとかなります。
大抵のものは焼けばチャラになります。

これをオーブントースターで焼きます。
我が家のオーブンレンジの温度は200℃に設定しても推定160℃程度で、焼けるのがドラクエの発売くらい遅いのでトースターを使います。

f:id:zettan:20180902215855j:plain

f:id:zettan:20180902215919j:plain

美味しいピザの完成です。
これはナポリ風では無いと思います。
アンパンマンのパジャマからしてナポリでは無いと思います。

それと野菜を食わすために作ったポトフもどきですが、胡椒が辛いと不評でした。
味覚がどうかしている三男はぺろっと食べましたが、長男と次男からはブーイングの嵐でした。

こちらは少しのつもりでも相手にとってはそれは多すぎる事もある。
パチンコ好きの言う「まぁトータルで言うとどっこいどっこいかな」ってやつが確実に大金を損している事と同じ事なのかも知れないなと思いました。