液体パパ

悲しんでいる人には更なる悲しみを、怒っている人には更なる怒りを与えるイラストを得意とするパパが子育てネタを中心にわりと変な記事を公開します。


お問い合わせ



※フジツボ注意 僕は息子にコポコポ培養するやつに見られてるらしい

粘土好きですか?
僕はまぁ芯のない粘土みたいな性格しているんでわりとシンパシーを感じるっていうか、他人とは思えないんですよね。
粘土って他人とは思えないんですよね。

前世は粘土だったんじゃないかって思ってるくらい。
粘土を手にすると「おかえり」って声掛けるもんね。
粘土におかえりって声掛けている人がいたら僕なので強めに石でも投げつけておいて下さい。

それはそうと、我が家の3歳の次男は最近粘土で遊ぶんですよね。
完成した作品はこれまた中々の名作揃いで、なんて言うか、言葉が出ない。
北島康介か貴乃花親方かってくらい何も言えねぇ。


例えばカエルを作ったって見せられたのがこれで。

粘土蛙


若干透度を帯びたやべぇ奴


完全に厄介な毒攻撃してくるクリーチャーだったから。
倒したら毒消し系アイテムをドロップするに違いない奴。
こいつ口から緑色の粘液出さずにはいられないだろ。
こいつの巣の中に入ったら一斉に粘液吐かれてベットベトになって出てくるよ。
多分痒くなるし。


でもね、これはまだいいの。
かなりいいの。
配色と言い形と言いカエルっぽさもあるし。

問題はもう一個、「パパ」っていう名前の作品なんですよ。
親としては嬉しいじゃないですか。
息子に粘土細工の題材にされるなんてさ。

作品を見るまではね、そう思ってました。

粘土パパ


細胞片


何でだよ。
お前の目にはこう映ってるのかよ。

こんなもん悪の組織が培養するやつじゃん。
かつて大暴れしたモンスターの細胞片を手にした悪の組織がそれを復活させるために巨大な試験管にぶち込んでコポコポ培養するやつじゃん。

結局復活させたは良いけどコントロール出来ずに研究者全滅して収集つかなくなるやつじゃん。

お前の目にはパパはコポコポ培養するやつに見えてんのかよ。


これ見て真っ先に思い返したのが、一度やられたけどミストバーンに超強くなる鎧を貰って再度挑むけどまた負けて破片になったフレイザードだもん。

最後はミストバーンに踏まれて消滅したフレイザードだもん。

っていうか今どきダイの大冒険ネタ出して誰が分かるんだよ。
もういいや。