液体パパ

悲しんでいる人には更なる悲しみを、怒っている人には更なる怒りを与えるイラストを得意とするパパが子育てネタを中心に変な記事を公開します。


お問い合わせ

クリックでこの漫画記事を読めます

満員エレベーターにベビーカーで乗れなかった話を今になって解決させる

少し前に話題になったやつ。

子供をベビーカーに乗せたお母さんがデパートでエレベーターを待っていて。
でも到着したエレベーターが満員で「これはベビーカー優先エレベーターです。誰か降りて」と発言したという投稿があって。
賛否両論飛び交いましたね。

結局誰も譲らずにドアが閉まってベビーカーママを置き去りにしたという話。

元はエレベーターに乗っていた人側の投稿記事だったので言い方はこの通りかどうかは分からない部分もあるのだけど、仮にこの通りならば確かにキツい言い方ではありますね。

もっと丁寧にお願いしていたらどうなっていたかは分からない。
例え満員エレベーターで乗れない現象が複数回続いていた背後要因があったとしてもね。


さて、この国で見知らぬ誰かの協力を得ようとする場合、感情を出して効果があるのは権力者か見た目が怖い人、或いは何をするか分からない不気味さのある人くらいです。

まぁ全部ひっくるめて広義の怖い人。

すこぶる不平等。
すこぶる理不尽。
とは言え、言い方次第で意外と動くのも日本人。
心底ボランティア精神の無い人もまた殆どいないんですよね。
みんな実はきっかけ次第では色々協力してくれる。

でも分かる。
言わなくても分かれよって気持ちも分かる。
状況を見れば分かるだろっていうその気持ち、分かる。
優先って書いてあろうがなかろうがベビーカーでは階段は厳しい訳で、歩ける人は譲らなければならない。
何故ならそうしないとクソダセェから。
(このクソダセェに譲るべき理由が集約されております)

少年漫画の主人公達は大抵こういう時率先して譲ると思うから。
例外を除いて。
僕らの教科書に書いてあったことみんな忘れちゃった?


で、大人になった我々はさらに理解を深めなければならない事がある。
それはこの国の空気。
エレベーターから降りるアリバイを作ってもらわなきゃ行動に移せないのがこの国の、パブリックな場における我々という存在。

要は火薬は腐っちゃいないがトリガーが酷くイカれている。


そこで、今回は満員のエレベーターにベビーカーごと乗るため、どうやったら先客に場所を譲って貰えるのか考えてみましたよ。
こういう時に自然と降りるアリバイを与えてあげましょう。

強めの魚に噛まれている


f:id:zettan:20170926113735p:plain

エレベーターが開いて外にこの人待ってたら譲りません?
分かりやすいから。
子育てやベビーカーの辛さって何故か自己責任問題にすり替えられたりしますよね。
これは辛さが分かりにくいから。

でも強めの魚に頭半分もってかれてたら譲りますよね。

でもあれか、強めの魚ってどこで手に入れたらいいか分かんないか。
ボツだな。

見える人を演じる

f:id:zettan:20170926112558p:plain

「あら、満員ね、これじゃ仕方な…ん!?はっ!あああああ嗚呼嗚呼嗚呼イケナイ!ここに乗っていてはイケナイ!このエレベーターは…イケナイ!」

とか言えば中の人飛び出してくると思うんですよね。
かなりの演技力が必要ですけど。

エレベーターの奥の方を見開いた目で見つめて、両手をコメカミに当てます。
未来を予知してる感を意識した演技をお願いします。

あと定期的にボタンを押して内部からドアを閉められないようにご注意下さい。


でも、乗っている人らが強者でこの程度では動じない事も考えられます。
ベビーカー分の隙間が空かないかも知れません。

打つ手無しでしょうか?
いいえそんな事はございません。
次なる一手はこちらです。

お母様登場


「あなたどうしたの?エレベーター満員で乗れないの?」

「あ、お母様!違うの!乗れないのは構わないの!で、でも!」

「ああああ!嗚呼!嗚呼嗚呼!イケナイ!イケナイエレベーターがイケナイ!ここにいてはイケナイ!イケナイからイケナイわ!」

f:id:zettan:20170926112649p:plain

「お、お母様はワタクシよりも高い能力の持ち主!崩れ落ちるのも無理はないわ!」


みたいな感じで。
やっぱ一人よりも複数人の方が信憑性増しますから。
普通の人ならこれでイチコロです。

だけど、ごく稀ですが、本当はかなり降りたがっているのに強がって降りないメンバーが揃ったエレベーターであるケースも無いわけではございません。

打つ手無しでしょうか。
いいえそんな事はございません。
奥の手とも言える手段がまだ残されています。

あと、ボタンを定期的に押して逃げられないようにする事は忘れないで下さい。

大ババ様登場


「大いなる災いじゃああ!!」

遠くからお婆ちゃんを叫ばせながら登場させてください。
水晶を持たせて。

f:id:zettan:20170926112719p:plain

「大ババ様!ご病気の身体でこんな所まで!」

「お主ら、この場から一刻も早く逃げるのじゃ!この場はワシに任せて…ゴホッゴホッ…」

「大ババ様!」

「良いのじゃ…どうせ長くはないこの命、災いを静める為に使えるのなら本望じゃろう…」

「大ババ様…」

「良いかお主ら!今すぐここから立ち去れい!出来うる限り遠くへと!今からこのエレベーターを…封じる!」


これで全員どっかいくと思います。

この茶番を信じない人でもね、いつまで経ってもドア閉まらないから降りちゃうと思う。

なんかエレベーター封じるとか言っちゃってるし。