液体パパ

悲しんでいる人には更なる悲しみを、怒っている人には更なる怒りを与えるイラストを得意とするパパが子育てネタを中心にわりと変な記事を公開します。


お問い合わせ


広告

【子育て】子育ての良し悪し5つずつ大公開

いやぁ、子育てやっていると楽しいこともあれば辛いこともありますよねぇ。

ほんとそんなのはどちらも無数にあるんだけど、天津飯の目玉くらい無数にあるんだけど。



天津飯



いや、あれは3つか。
少ねえな天津飯。
何やってんだ天津飯。
しっかりしろ。


まぁドラゴンボールネタがいつまでも通用すると思っている中年野郎の方が何やってんだって話なんですけどね。


まぁそれはいいとして。


今回は子育てやってて良かった事と残念な事をそれぞれ5つずつ大公開!って事で。
どうかお付き合い下さい。



大公開


子育てやってて良かった事5選

オムツ交換の際におしっこを浴びる事があって良かった


いやーこんな経験中々出来ませんからね。
故意にやってくる一部の変質者だったらいるかもしれないけど、赤ちゃんの場合わざとじゃないんですよ。
わざとじゃないのにおしっこかけてくるんですよ。

何ですかこの現象。
どういう人なんですか赤ちゃんって。
ほんとありがたいわーこの特異な経験。
子育てやってて良かったー。

映画館行けなくて良かった


子供が小さいと映画館にはいけなくなるので、テレビでやってる予告とかからストーリー想像する事が出来るようになるんですよ。
やったね。

これならクソみてーな内容の邦画とかもさ、自分の中で名作に昇華させる事が出来るからね。
広瀬すずとかどえらい役やってるからね。
事務所よくオッケーしたなって役やってるからね。
子育てやってて良かったー。

オムツ交換の際にうんちをかけられる事があって良かった


何なの?
赤ちゃんってどこまでサイコパスなの?
最高に面白いよ。
ジョイマンくらい面白いよ。

自分で出来ないからこっちがオムツ交換とかしてあげてんのにさ、狙ったかのようにうんち飛ばしてくれるからね。
恩をうんちで返される経験した事ある?
ほんと貴重だわー。
子育てやってて良かったー。

ラーメン屋に入れなくて良かった


ラーメンってどう考えても美味いじゃないですか。
この世の全てのラーメンを僕は許しているし、許されるべきだと思っているんです。
でも子連れでラーメン屋ってかなり厳しい。

まずカウンターだけの店は完全にアウトだし、テーブル席があってもこの店は子供ウェルカムじゃねーなって店もありますね。

おかげで高カロリー、高糖質であるラーメンを食べる回数が減ってすごい良かった。
子供がいる事でとても健康的。

あとね、短期的に回転率で稼ごうというお店や長く続けようとしているお店の見極めが出来るようになりますね。

前者は子供を含む客は回転率が下がるから嫌だろうし、こちらも自重する。
後者はファミリー層を受け入れる戦略で単価を上げて、尚且つ子供もいずれは大人になるという長いスパンでの囲い込みの為に破格のキッズメニューを置いてくれてたりするし。

そういう見極めが出来るようになると社会って面白いですよね。
子育てやってて良かったー。

ゲームが出来なくて良かった


いやー我が家は夫婦でゲーム好き。
オンラインゲームで知り合ってるくらいですから。

でもやっぱし子育てやってるとゲームする時間はほんと取れませんね。
それに1歳過ぎたくらいから液晶テレビとかなぎ倒して来ますからね。
液晶テレビってほんとなぎ倒すのに適した形状をしていますよねー。

しかも何でだ?
寝たと思ってゲーム始めたら泣きながら起きてくるの何でだ?
マインクラフトだと再び寝かしつけしている最中にゾンビにボッコボコにされるからね。

おかげでね、やりたいゲームが溜まって押せ押せになる。
だからもう中古で激安になってたりするんですよね。

今更このゲームやるやついねーだろっていう価格でメルカリとかで投げ売りされてるんですよね。

まじお得だわー。
子育てやってて良かったー。


さて。
でもやっぱりね、子育てってそんなに良い事ばかりでもないんですよ。
やっぱり辛いことや大変な事もたくさんあります。
今度は子育ての残念なこと5つ、行ってみましょう。


子育てやってて辛いこと、残念なこと5選

可愛すぎて辛い


子供はやっぱ可愛い。
なんですかこれは。

僕もまぁ子供を産んでもらう前からね、多少は可愛いとは思っていたよ。
でも別に特段ね、可愛いとされているから可愛いのかなー程度のものでしたよ。

実際自分の子供が産まれたらとんでもねぇ。
なんですかこの可愛いさ。
あとね、他人の子供もすげー可愛く見えるようになるの。
これは自分でも不思議な変化。
なんだよ、結局子供ってみんな可愛いじゃねーかよっていう。
ほんと可愛い過ぎて辛い。

子育てって辛いわー。

家がやかましくなる


家に帰ると子供らが笑顔で歓迎してくんのよ。
7歳の長男も3歳の次男も0歳の三男も、「わー!」つって。
これでもしも落ちてた爆弾岩みたいのを持って帰ってたらあわや大惨事ですよ。



爆弾岩


子供がいると爆発するリスクが拭えなくなりますね。
子育てって怖いわー。

飲み込みが早くて情けなくなる


あの、子供って成長すげーの。
子供っていうかあんなのもはや成長そのものですよ。
日に日に文字も覚えるし計算も出来るようになるしスポーツも出来るようになるし。
一方で、殆ど変わっていない自分がほんと情けなくなる。
なんなの自分。
もっと変われよ自分。
子育てってほんと情けなくなるわ。

感性がハンパなくて辛い


知識や経験が無い分、彼らは感覚で物事を捉える。
年をとった自分から抜け落ちてしまったものを見る機会が増えて、刺激を受けまくると同時に敗北感を感じる機会も多いんですよ。
この世に産まれい出て数年、数ヶ月の相手に対してここまでリスペクトする事になるとは思っていなかった。
この嫉妬が辛い。


いなくなる事を想像してしまうと辛い


結局子供がいると何がいいの?
お金ばっかかかって時間も奪われて、失うものばっかりで得られるものには具体性が無いではないか。

僕もそう思います。

ヤフー知恵袋に書かれている”子供を作るメリットを教えて下さい”なんていう野暮な質問に対する回答はどれも具体性に欠ける。
失うものははっきりしているのに。

僕もそう思います。


でも、我が家の3人の子供らの、誰か1人たりとも消え失せるような事は全く認められない。
そんな事は絶対にあってはならない。

子育てなんて辛い事ばかりでイライラする事ばかりで、時間ばっかりお金ばっかりかかるし、きっと見返りも無いのだろうね。

なのにいなくなる事だけは想像すらしたくねぇ。

結局これが全てな気がするよ。


大人になるにつれて鈍感になっていく例のやつが、内側からぶっ叩いて教えてくれているかのよう。

具体性なんか要らない。
失いたくないこの感覚が全てなんだよ。


みたいな感傷に浸った恥ずかしいこじらせ系の文章になってしまうから辛い。

子育てって恥ずかしいわー。


最後に

僕は”子育ては種の保存だ”なんていう考え方が苦手で。

人類は他の生物をその気になれば絶滅させる力を持っているし、同時にそれをしたら自分らの生命までも脅かされる事を知った。

これはこの地球の管理者となった事を意味していると思っている。
支配者ではなく管理者ね。

もはや自分らの種族の保存だとか言っている段階じゃないだろうって話ですよ。

社会という枠組みがある以上、子育てしている事はその範囲内において貢献している要素はあるのだけど、別にそれは地球全体の為でも何でもない。

子育てしているから偉いなんて事は断じて無いし、子育てしているからその世帯を特別扱いして助けろなんて発想はどうかしている。

子供がいるいないで国境を設けるのではなくてさ、ピンチの人には多少手の空いている人がその手を差し伸べる。
社会ってそういう事なんじゃないですかね。

子供がいる側といない側にあるこの微妙なラインが邪魔くせーなって思う今日この頃なのです。